口コミとランキング
厳選&比較

プラセンタ注射は打つ場所によって、効果が違う

プラセンタの効果をすぐに実感できる方法として、プラセンタ注射があります。
プラセンタ注射の方法には、静脈注射、筋肉注射、皮下注射があります。
最も即効性があるのが、静脈注射(点滴)ですが、扱っているクリニックや病院には限りがあり、事前に問い合わせが必要です。
静脈注射は血液と共に全身へ巡っていくため、効果の出るのが早くなります。
その分、効果が薄れていくのも早くなります。

筋肉注射は、筋肉の血管から徐々に効果が表れるため、比較的遅く、持続的です。
皮下注射は、皮下組織を通ってから血管に出るため、ゆっくりと吸収され効果がすぐには実感できませんが、最も持続します。
プラセンタ注射は、注射の形態により、注射する部位が違います。
静脈注射は、点滴として腕などの静脈へ注射します。
筋肉注射は太めの針を使い、筋肉のある所にする為、お尻や腕に打ちます。
皮下注射は、ピンポイントの効果を期待するため、肩や腰、顔や腕に打ちます。
肩こり改善のためには肩に、腰痛のためには腰に、目の下のクマ取りやニキビ改善には顔に注射します。

プラセンタの有効成分は、血流にのって全身に行き渡るため、基本的にはどこに皮下注射しても効果を得ることはできます。
効果の持続する期間は数日間と言われ、週に1回から3回、注射に通う方もいます。
プラセンタ注射は、美容目的の場合、保険が適用されない自由診療のため、医療機関により価格はまちまちです。
肝機能障害や更年期障害の治療ならば、保険適用になる場合があります。

美容外科、内科、皮膚科、口腔外科などでプラセンタ注射を受けられます。
プラセンタ注射と、サプリメントのプラセンタを交互に利用するもの、一つの方法です。

トップに戻る