即効性

プラセンタの成長因子の種類

神秘の臓器、胎盤、そのプラセンタエキスを利用した商品は現在高い人気を誇っています。
プラセンタは豊富な栄養素が含まれていることが知られていますが、中でも成長因子という健康にも美容にも不可欠な成分がプラセンタの特徴的な成分です。
細胞分裂を活性化し、細胞新生をサポートするこの成分は、様々な種類がありそれぞれに体内で活躍してくれます。
プラセンタに含まれる成長因子の種類を理解しておきましょう。

まず上皮細胞増殖因子「EGF」です。
このEGFは、上皮細胞の細胞活性化、分裂を促進する成長因子で、皮膚や角膜、また肺などの細胞の活性化作用があります。
医療分野でも利用されていますが、お肌のシミやくすみなどにも効果が高く美容商品等にも利用されています。

美容系で力を発揮する成長因子といえば繊維芽細胞増殖因子「FGF」も素晴らしい働きを持っています
表皮の奥、真皮という部分に存在するFGFは、肌の弾力をつかさどるコラーゲンやヒアルロン酸、水分量に深くかかわるヒアルロン酸の生成を行っている成長因子です。
FGFが体内にしっかり存在することでみずみずしく若々しいお肌を作ってくれます。

インシュリン様成長因子は「IGF」と呼ばれる成長因子で、平滑筋細胞の増殖、さらに軟骨細胞の増殖を促す成分です。
関節痛など老化によっておこる症状に効果があるほか、育毛にも効果があるとして注目されている成分です。
また壊れた細胞を修復するという働きも持っています。

神経細胞増殖因子「NGF」は精神分野に強く作用する成長因子で、知覚や交感神経などの神経細胞の新生、活性化などを行う成長因子です。
現代に多い「うつ」にも効果があるとして注目されています。
自律神経失調症やホルモンバランスの乱れをコントロールするという働きがあるため、更年期障害の治療によく利用されています。

最後に、免疫力に作用する成長因子があります。
インターロイキン1・2・3・4、またCFSなどの成長因子がありますが、免疫力を向上させる効果があり、専門家からも注目される成分となっています。
像血管細胞の活性化など免疫を高くする働きがあり、病気に強い体を作ってくれる有能な成長因子です。

私たちの健康を維持、コントロールしてくれるこれらの成長因子がプラセンタに含まれています。
何かを補うという事ではなく、成分の元、体の働きを向上させる元となるプラセンタを体内に入れることで様々な成分の活性化が起こり、健康効果や美容効果を生みます。
皆さんもプラセンタで健康生活始めてみませんか。