即効性

プラセンタの成長因子と成長ホルモンの関係

プラセンタに含まれている成長因子と人の成長や肌の健康に深くかかわる成長ホルモンは今、専門家の間でも高い注目を集めています。
成長ホルモンと密接な関係にあるのが成長因子です。
成長因子はプラセンタ以外に含まれているものが存在せず、そのため、プラセンタは医療分野でも美容分野でも注目される成分となっています。

成長ホルモンというと成長期にぐぐっと身長が伸び、男の子は男の子らしい体系になり、女の子は女の子らしい体系になる際、必要となるホルモンという認識が強いでしょう。
勿論遺伝的要素やその子が成長するに当たり摂取してきた栄養、その環境など成長に与える要素はたくさんありますが、脳の下垂体から分泌される成長ホルモンがそのカギを握っています。

下垂体は脳の下の方にある分泌腺で、ここから成長ホルモンが分泌されています。
子供自体に子の分泌が十分でないと低身長となり、分泌が異常となると他の人と比較して異常に身長が高くなります。
身長の伸びが平均よりもかなり下回っている場合、成長ホルモンの摂取などの治療を進められることもあります。
子供の成長にとって重要なホルモンという事がわかります。

ただこの成長ホルモンは成長期の際に分泌されるというだけではなく、大人になってからも肌の細胞や様々な器官の修復などに利用されるため、非常に大切なホルモンであることは間違いありません。
この成長ホルモンの正常な働きを促すのが成長因子です。
インスリン様成長因子という成長ホルモンが深くかかわってくるのですが、この成長因子を豊富に持っているのがプラセンタです。

インスリン様成長因子は「IGF」と呼ばれます。
成長ホルモンが脳の下垂体から分泌され肝臓に達するとインスリン様成長因子がタンパク質生成を促し、その増殖についてもインスリン成長因子がサポートします。
成長ホルモンと成長因子の働きが正常に行われることで子供の身長がぐっと伸びます。
この成長は思春期位にストップしますが、その後、筋肉細胞の活性化を促し、筋肉を作るという事にも一役買っています。

成長因子が正常な働きをすることで、成長ホルモンは身体の成長のほか、代謝調節などにも作用し、脂肪貯蔵量のコントロール、血糖値の抑制なども行っているのです。
成長ホルモンと成長因子が正しく働くことがとても重要であるという事がわかります。
また、しっかり知っておきたいプラセンタの安全性についても参考にご覧ください。