口コミとランキング
厳選&比較

プラセンタの種類「海洋性プラセンタ」

海洋性プラセンタは、マリンプラセンタとも呼ばれています。
魚を利用して作られたもので、基本的には植物性同様、胎盤エキスを利用しているものではないので、プラセンタとは言えません。
ただ豊富な栄養素が含まれており、胎盤に含まれる栄養素と同じものが多いため、プラセンタといわれています。

海洋性の場合、魚の卵巣膜という部分から抽出したエキスを利用しています。
植物性は胎座という種を作り発芽させる部分を利用していますが、魚も卵を育み成長させる部分を利用しています。
胎盤に非常に近い機能を持っていますが、人や動物性のように胎盤そのものが魚に存在しないので当然、人、動物性のように成長因子が含まれていません。

成長因子はないものの、海洋性には素晴らしい成分が含まれています。
プラセンタとして利用されるのは、鮭の卵巣膜です。
鮭の卵というといくらを思い浮かべることができますが、いくらのぷちっという感触の元となっている薄い皮のような部分が、卵巣膜です。
卵の養分を守り成長させていく機能を持っています。

豊富なアミノ酸を含んでいるため美容商品等に利用されることも多く、またホルモンバランスを整える働きのあるグリシン地王成分を含んでいます。
アミノ酸に関しては人間の体内で合成する事が出来ない必須アミノ酸が豊富という点でも、優れた成分を持っていると言えるでしょう。
動物性にもアミノ酸が含まれていますが、これほど多くの必須アミノ酸は含まれていないので、海洋性を利用する場合、この必須アミノ酸含有量が豊富という点も決め手になります。

その他に、ビタミン・コラーゲン・ヒアルロン酸など美肌に必要な栄養素が豊富で、吸収しやすいという事もあるので、美肌、美白効果を狙ってプラセンタを利用したいという人にはうってつけの商品となります。
美容成分が豊富といえる海洋性プラセンタ、マリンプラセンタは、健康面でも有用な働きをしますが、アンチエイジング世代にとって救世主といえる栄養素を豊富に含んでいます。

トップに戻る