口コミとランキング
厳選&比較

プラセンタ副作用の心配は?

プラセンタ商品は胎盤から抽出したエキスなどを利用して作られ販売されています。
特にアンチエイジング世代から絶大な人気を誇る商品も多くなっていますが、胎盤からエキスを抽出するということで、副作用を心配される方もいます。
ただ、プラセンタ商品には、基本的に副作用などの報告は上がっていません。

副作用というと、お薬などを飲んだり塗布したり注射などすることで起こる様々な症状を言います。
わかりやすい例をいうと、抗がん剤の副作用です。
抗がん剤はがん治療を行う上で重要な治療の一つとなりますが、がん細胞をたたくと同時に健康な細胞までたたいてしまうため、吐き気を催したり髪の毛が抜けたり、口内炎が出来るなどの副作用が出る事が多いです。

でもプラセンタ商品については、病気を治す、という事で利用されるのではなく、疲労回復や新陳代謝の向上、また病気の症状を和らげるという理由から利用するもので、病気そのものをよくするというものではありません。
健康や美容、また体調を改善するという効果はあっても、特定の病気を治癒させることはないのです。

副作用というほどのものではありませんが、注射を行った部位に軽い痛みが出るという事は報告されています
勿論こうした疼痛が起こるかもしれないという事は、利用の前に医師やスタッフから説明を受けると思います。
抗がん剤のように体を痛めつけてしまうような副作用が起こる場合、抗がん剤を利用することによっておこる明らかな副作用ですから、利用には細心の注意が必要となりますし、医師が経過を見ながら治療を行っていくでしょう。
プラセンタの場合、こうした副作用は怒らないと考え利用して差し支えありません。

また副作用ではありませんが、以前狂牛病が大きな問題となり、その時点から牛の胎盤は健康食品にも美容食品にも利用されなくなっています。
牛の胎盤の利用で狂牛病になるということは確率が低いと思いますが、やはり危険因子は取り除いておく必要があるということで、現在動物性プラセンタは馬、豚、羊などの動物の胎盤が利用されています。

トップに戻る