口コミとランキング
厳選&比較

プラセンタは花粉症にも効果あり

目のかゆみにくしゃみ、鼻水、中には喉が痛くなるという人もいますし、微熱を出すという方もいます。
花粉症は様々な症状を引き起こし、仕事や学業に支障が出るほど、辛い症状が継続します。
花粉の季節にはマスクに花粉症用メガネをしていてもこうした症状が改善しないという人もいます。
花粉症のお薬で症状が和らぎますが、強烈な眠気が出てくるものもあり、仕事中は利用できないという方も少なくありません。

こんなつらい花粉症の症状に、プラセンタが効く、という事をご存知でしょうか。
プラセンタには様々な働きがあり、そのうちの薬理作用の中に抗炎症作用、抗アレルギー作用など、花粉症の症状改善に効果を発揮する働きがあります。
アトピーやそのほかのアレルギー症状にも強く作用してくれるとして、近年、注目されています。

花粉症は花粉を有害物質として受け取り、細胞が過剰反応してしまう事で起こる疾患です。
花粉が体内に入ってくるとIge抗体がつくられ、花粉どころかそのほかの部分にまで攻撃をしてしまうため、鼻水やくしゃみなどの症状が起こってしまいます。
通常、こうした過剰な反応によってIge抗体を作らせないように、私たちの体に組み込まれている遺伝子が働くはずなのですが、花粉症の方はこの免疫制御遺伝子を持っていない、少ないために体内にどんどん作られたIge 抗体が蓄積していき、次第にアレルギー症状を起こすようになります。

胎盤には成長因子が豊富に含まれていますが、この成長因子が細胞の修復や増殖を行うことで花粉をアレルゲンと勘違いして強い攻撃を繰り返すリンパ球を除去していくといわれています。
花粉症の症状の元となるリンパ球を増殖し修復された細胞が行う事で様々な症状の緩和につながるのです。

また胎盤に含まれる免疫抑制物質の働きによってアレルゲンを勘違いして炎症を引き起こすIge抗体を作らせない、抑制するという働きも花粉症の症状の改善につながっています。
プラセンタを利用する事で、花粉症の症状に対応していく対処療法ではなく、アレルギー反応そのものの抑制につながるため、花粉症などアレルギーの辛い症状を抑える事ができます。

トップに戻る