口コミとランキング
厳選&比較

プラセンタは自律神経失調症にも効果的?

ストレス社会といわれる日本では、うつの患者さんが増加傾向にあるといわれています。
会社やプライベートでの人間関係の乱れによって自律神経が乱れバランスが崩れると、うつなどの精神疾患となるリスクも高くなります。
そんな精神的疾患にプラセンタが効果を発揮します。

ストレスを受けると自律神経が乱れます。
自律神経が乱れるとホルモンに影響しホルモンバランスが乱れます。
逆にホルモンバランスが何らかの影響で乱れると、自律神経も乱れます。
自律神経とホルモンは深い関係にあるのです。
ホルモンバランスの乱れというと、女性の閉経時に起りやすい更年期障害がありますが、この場合も、女性ホルモンの急激な減少によりホルモンバランスが乱れ同時に自律神経にも作用し乱れが生じるため、自律神経失調症と同じような症状が発生するのです。

自律神経失調症などの精神疾患には、ホルモン治療、抗うつ薬や精神安定剤などが処方されますが、副作用があります。
だるく何もする気にならない、気持ちが悪くなる、めまいが起こるなどの症状です。
またこうした薬は依存性が強く、薬をやめることができない人も多くなっているという現状があります。
こうした自律神経失調症などの精神的疾患に対して、副作用なしにその症状を緩和する事が出来るのが、プラセンタです。

プラセンタには自律神経のコントロール、ホルモンのコントロール、さらに精神を安定させるという働きがあります。
実際にクリニックなど医療機関でも、自律神経失調症や更年期障害などの治療にプラセンタ治療が利用されています。
プラセンタサプリ等も継続的に長く利用していくことでこうした症状に効果がありますが、やはり専門的知識を持っている医師の管理の元、症状に合わせたプラセンタ治療を行う方が、症状の緩和につながるでしょう。
うつや自律神経失調症などの精神疾患は、自分でわからないという事もありますので、ご家族の様子がおかしいと感じた時など、医療機関を受診しプラセンタ治療など副作用のない治療を行っていくことを考えてみましょう。

トップに戻る