口コミとランキング
厳選&比較

プラセンタ種類別の特徴を比較してみよう

プラセンタには様々な種類があり、それぞれに特徴があります。
国内では、豚・馬・植物性・海洋性・ヒトプラセンタが利用できますが、海外では羊のプラセンタも多く利用されています。
羊に関しては国内でほとんど利用されていませんが、ヒトに非常に近いアミノ酸を持っており、吸収率・浸透率共に高く、主に美容系サプリメントに利用されています。
海外ではセレブの方々やタレント、モデルさんなどに人気があり、利用者が多いようです。

国内で一番利用されているのは豚由来のものです。
大量に作る事が出来るという事で価格が安く、健康食品、美容商品共によく利用されています
安全性も高く、特にSPF豚(誕生から出荷されるまで徹底的に衛生管理、栄養管理されて成長した豚)のものが安全性も品質も高いといわれています。
馬由来のものと比較すると成分的には劣りますが、それでも十分魅力的な栄養素が含まれていますので、人気があります。

馬由来のプラセンタは、価格が高いのですが、アミノ酸含有量が豚の300倍以上という高さを誇り、吸収率も高く効果の実感が高いといわれています。
多くは国内のサラブレッド由来のもの多く、主に健康目的の商品に利用されることが多いようです。
価格も高いのですが、サラブレッド由来という事もあり安全性が非常に高く、有用な栄養素の宝庫とも呼ばれているため、馬由来のものも人気が高くなっています。

植物由来のものは主に美肌・美容関連に利用されることが多く、価格もそれほど高くないので利用者が増加傾向にあります。
ただ胎盤エキスではなく植物の胎座と呼ばれる部分から得た栄養素を利用するという点で、成長因子等が含まれていないなどの点で、健康目的の商品は少ないようです。
海洋性は豊富な栄養素を含み安全性も高く、価格もそれほど高くありません。
また動物性にはない栄養素を含み、アミノ酸含有量も高いので化粧品としても健康商品としても利用されています。

最後にヒトプラセンタですが、安全性も高く非常に品質の高いものです。
ただし人由来のものという事で利用は医療機関のみで、現在は注射以外利用方法がありません。
病気で利用する場合には保険適用となりますが、美容目的の場合保険適用となりません。
利用する胎盤は日本人限定のもので、高熱処理を施し厳格な検査と管理の元製造されているため、高い安全性を誇ります。

プラセンタはいろいろありますが、それぞれの特徴、違いが理解できたと思います。
この特徴などを商品選びに活かしていくと自分に合ったものを選択できるのではないでしょうか。

トップに戻る