口コミとランキング
厳選&比較

リウマチに効果を発揮するプラセンタ

プラセンタは様々な症状を緩和する成分をたくさん持っています。
その中の一つに、関節性リウマチに対する症状の緩和作用があります。
関節性リウマチはリウマチの患者さんの中で最も多く、国内でも70万人以上の方が苦しまれているといわれています。
この病気は関節炎などの関節や骨を駆使したことで起こる病とは違い、免疫の以上によって発生する病気です。
手足の関節が痛み、腫れ、変形する等非常に辛い症状が襲う病気です。

関節だけにとどまらず、全身に症状が広がる事も多く、リウマチの初期症状として、食欲がない、体が異常に怠い、朝関節の動きが鈍い、こわばるなどの症状があります。
そのうち関節がはれ、全身の関節に症状が広がっていきます。
微熱や体重減少、リンパの腫れなども関節リウマチの特徴的症状です。
腱鞘炎や関節変形などそのほかの病気も併発していきますが、リウマチのメカニズムは解明されておらず、現在は炎症、痛みを軽減する治療、また症状の進行を止めるという治療法が主に行われています。

病原菌などが体内に入ってこようとすると、もともと人の体に備わっている抗体という力が働き、異物や病原菌を攻撃します。
でも抗体反応が異常に強く免疫システムが過剰に反応してしまう事で正常な細胞まで攻撃してしまうため、関節の痛みや腫れなどの症状が出てきます。
自己免疫の異常という事なので、リウマチの治療には免疫抑制剤が利用されることも多いのですが、免疫抑制剤はウイルスの侵入や病気の抵抗力なども同時に奪ってしまうため、病気をもらわないようにすることも必要となってきます。

プラセンタには細胞の修復を行う成長因子が含まれていますし、免疫を調節する働きや免疫賦活作用という作用を活性化する働きがあります。
この働きによってリウマチの治療中、免疫力が低下した際に免疫力を向上し病気にならないようにしてくれるという効果も期待できます。
また、鎮痛効果や抗炎症効果もありますので痛みなどの緩和にも活躍してくれます。

トップに戻る