口コミとランキング
厳選&比較

豚プラセンタと馬プラセンタどう違う?

基本的に豚由来のものも馬由来のものも、アミノ酸・ビタミン・タンパク質・糖質・脂質・ミネラル・成長因子などが豊富でプラセンタを利用される方の希望に沿った効果が期待出来るという事は間違いありません。
同じ成分が含まれていても、豚・馬由来のプラセンタの違いといえばどういったことがあるのでしょうか。

まず高品質で健康食品類にもよく利用される馬プラセンタですが、この馬由来のものに関しては、他に例を見ないほどのアミノ酸含有量が特徴です。
アミノ酸はエネルギー産生の元となるほか、細胞にも深く関係しています。
体内の様々な部分に存在し臓器にしても皮膚にしても、アミノ酸の働きは重要です。
美しい肌を維持するためにもアミノ酸は必要不可欠なので、美肌効果も高く美容商品にもよく利用されています。

また、馬プラセンタには豚由来のものには含まれていない必須アミノ酸が6種類含まれているという点でも、高品質といわれています。
必須アミノ酸は体内で合成できないアミノ酸なので、私たちは食べ物で摂取するしかありません。
この必須アミノ酸が6種類も含まれているのですから、やはり馬由来のものは高くても非常に有用な成分が豊富だと言えます。

豚由来のものは大量生産ができるという特徴があり、価格も低いので気軽に利用できるという利点があります。
年に2回出産がありますし、10頭前後の子供を生むという事で胎盤エキスの摂取回数も多くなり、馬よりもかなり安く購入できます。
馬由来のものと比較すれば当然アミノ酸含有量や成分に違いがあり、少々質的には落ちますが、その他の成分は馬同様に含まれており、バランスのいい成分構成となっています。

最近は特にSPF豚という厳格に管理され基準に沿って育てられた豚は高品質で非常に安全性の高いプラセンタです。
処理についてもほかの豚のようにたくさんの処理が必要とならないので、有効成分を失う事もなく非常に高品質なプラセンタが摂取できるといわれ人気があります。
豚、馬それぞれに健康効果、美容効果共に優れていますのでいずれを利用してもいいでしょう。

トップに戻る