即効性

羊プラセンタは人と相性がいい

海外のタレントさんやセレブの方々に人気のプラセンタというと、日本ではほとんど利用されていない羊由来のプラセンタです。
特にヨーロッパでは羊プラセンタの需要が高く、美容効果も高いとして、美容商品等への利用が多くなっています。
この羊のプラセンタは、ヒトの胎盤ととてもよく似ていて、吸収しやすい、なじみやすいという特徴があります。
羊の胎盤に含まれているアミノ酸の構成が人のアミノ酸の構成ととてもよく似通っていて、アミノ酸含有量も非常に多いため、美肌効果も高く持続性も高いといわれています。

プラセンタはどの商品もどの種類についても利用で副作用がない、ということが安全性の高い商品として知られる要因となっていますが、羊由来のものに関しても、副作用などの報告がありません。
人のアミノ酸構成とよく似ていて、プラセンタとしても似通った部分が多いという事もあり、副作用の心配もほかの馬、豚由来のものと比較してさらに低くなるでしょう。

羊プラセンタの原材料となるのはニュージーランドの広大な敷地の中、悠々と成長した羊たちの胎盤です。
広々とした環境の中、ストレス少なく成長した羊は非常に高い品質を誇り、生育に関しても非常に丁寧に行っているため、胎盤も質が高く高品質な胎盤エキスが摂取できます。
人の胎盤と似通った成分を持っていて吸収率も高くなじみもいいというのに、なぜ、日本では羊のプラセンタをほとんど利用しないのでしょうか。

牛は狂牛病という重篤な牛の病気がリスクとなり利用されなくなりましたが、羊の場合は、スクレイピーという伝染病が問題となりました。
スクレイピーは狂牛病とは違い人に感染するリスクはありません。
でも、万が一変異が起こり狂牛病と同じように人に感染が起こる可能性があるとされたら大きな問題となるため、日本国内ではほとんど利用されなくなっているのです。
神経質すぎるという声もありますが、危険因子を持っているものを健康や美容商品として利用するのは危険性があるという事から、利用が控えられています。