※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています
口コミとランキング
厳選&比較

プラセンタの種類「植物性プラセンタ」

プラセンタの中には基本的に胎盤エキスを利用しているものではないので、本当はプラセンタと言えないものもあります。
植物性プラセンタは植物を利用したものなので、勿論胎盤はありません。
その為プラセンタとは言えないのですが、豊富な栄養素が胎盤と同じように含まれているため、プラセンタと呼ばれています。

植物性の場合、植物の胎座と呼ばれる部分を利用しています
胎座には植物を成長させる豊富な栄養素が含まれており、特にアミノ酸含有量が豊富という事で、美白効果が高い商品として美容関連商品によく利用されています。
植物由来という事で、動物性とは違い感染などの心配もなく、安全性が高いという特徴があります。

胎座の子房の中には種が含まれていて、植物の発芽が起こる部分です。
発芽をさせるためには豊富な栄養素が必要となるため、この部分にたくさんの栄養素が含まれています。
アミノ酸のほかにもビタミン、ミネラルなど胎盤と同じような成分が含まれており、お肌を尽美しく保ちたいという方に人気です。

ただ、動物性の用に胎盤から抽出したエキスを利用しているという商品ではないため、成長因子、グロスファクターが含まれていないというのも植物性の特徴です。
成長因子に魅力を感じ、プラセンタを利用したいという場合には、植物性は不向きです。
動物性と同じ働きをする成分も含まれていますが、全く別物として考える方がいいでしょう。

海外の方に多いのですが、ベジタリアン、また肉類の中でも豚、牛は食べないという宗教上の規則に沿って生活されている方もいます。
そういった方の場合、プラセンタの有用な働きを利用出来ないという事になりますが、植物性なら成長因子を除くそのほかの栄養素が豊富なので利用できるという利点もあります。

植物性に利用される原料としては、クロレラ・トウモロコシ・アロエなどです。
その他特徴としては、そのものだけを利用するのではなく、その他の天然成分を組み込んで商品を作っているというものが多いので、成分などをよく確認して利用する方がいいでしょう。
また、こちらのプラセンタの豆知識についての記事も興味深いです。

トップに戻る